社会福祉法人 橋本市 社会福祉協議会

福祉サービス利用援助事業

福祉サービス利用援助事業とは、判断能力が不十分な高齢者や知的障害者・精神障害者等の方で、一人で生活していくには不安がある方に安心して生活が送れるよう生活支援員が定期的にお伺いし、お手伝いをするものです。

例えば、次のようなことでお困りではありませんか?

《内 容》

福祉サービス利用援助事業では、次のようなお手伝いを行います。

  1. 福祉サービス利用援助
    福祉サービス利用の手続きについて、お手伝い(援助)をします。
    • 福祉サービスを利用し、または利用をやめるために必要な手続き
    • 福祉サービスについての苦情解決制度を利用する手続き
    • 福祉サービスの利用料を支払う手続き
  2. 日常生活上の手続き援助 日常生活に必要な事務手続きのお手伝い(援助)をします。
    • 住宅改造や居住家屋の賃借に関する援助
    • 日常生活上の消費契約および住民票の届出等の行政手続に関する援助
  3. 日常的金銭管理 日常生活に必要な金銭に関するお手伝い(援助)を行います。
    • 生活費のお届け
    • 年金および福祉手当の受領に必要な手続き
    • 医療費・税金・社会保険料・公共料金・日用品等の代金を支払う手続き
    • 上記の支払いにともなう預金の払戻、預金の解約、預金の預け入れの手続き ※原則として日常的金銭管理に使用する通帳(目安として約50万円まで)は社会福祉協議会でお預かりさせていただきます。
  4. 書類等預かりサービス ご自身で保管することが不安な場合に、大切な書類をお預かりします。
    • 証書類(年金証書等)
    • 不動産の権利証書又は契約書類
    • 預貯金の通帳
    • 実印や銀行印

お預かりした書類は、金融機関の貸金庫で保管します。
キャッシュカード・書画・骨董品・貴金属などは、お預かりできません。
お預かりした書類の期日管理や運用はできません。

《利用料金》

契約するまでの相談や支援計画の作成は無料です。契約後の生活支援員によるお手伝い(援助)には、次の料金がかかります。

  1. 福祉サービス利用援助
    1時間1,000円以降30分ごとに500円が加算されます。
  2. 日常生活上の手続き援助
    1時間1,000円以降30分ごとに500円が加算されます。
  3. 日常的金銭管理
    1時間1,000円以降30分ごとに500円が加算されます。
    日常的金銭管理に使用する通帳を市社協でお預かりする場合は、無料です。
  4. 書類等預かりサービス
    月額850円

住民税非課税者で、年間所得が168万円未満かつ預貯金350万円未満の方については、利用料の半額助成制度があります。
生活保護を受けている方は、無料です。

《お問い合わせ》

橋本市社会福祉協議会

専門員が訪問し、ご希望を伺いながら支援計画を作成し、契約を結びます。

契約時にご本人の契約能力や意思の確認が難しい場合は、契約締結審査会で審査を行う場合があります。

 

ひとつ前のページへこのページの最初へ